ロサンゼルス港

西海岸労使交渉
西海岸労使交渉
【2022年西海岸労使交渉】海岸の労働交渉の中で港湾自動化の議論が激化

米国の港での自動化をめぐる長い間煮えたぎる議論が再び熱くなっている。西海岸のドックワーカーが、雇用主との契約交渉中に自動化を許可することについて方向転換を試みるかどうかはまだ不明だが、最近の進展は、非常に論争の的となって […]

続きを読む
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉
組合側が交渉中断要請 -2022年西海岸労使交渉

交渉に近い複数の情報筋によると、国際港湾倉庫労働組合(ILWU)は、西海岸のウォーターフロントの雇用主との契約交渉を6月1日まで中断するよう要請した。停止が認められた場合、6月3日金曜日に開始される。ILWUが交渉を中断 […]

続きを読む
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉,米国物流
西海岸労使協定 - 5月12日に正式交渉開始!

国際港湾倉庫労働組合(ILWU)と西海岸の雇用主である太平洋海事協会(PMA)との間の契約交渉が5月12日に始まると一部の物流情報誌が報じた。 交渉がさらなる混乱をもたらす可能性があると荷主や関係者は懸念を示しており、す […]

続きを読む
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉
正式交渉発表!2022年西海岸労使交渉

米系物流メディアによれば、国際港湾荷役倉庫労働組合(ILWU)と経営側である太平洋海事委員会(PMA)の第一回の正式交渉が2022年5月12日に行われると発表された。 具体的な交渉、協議次項は未定とされているが、基本的な […]

続きを読む
港湾ニュース
西海岸労使交渉に言及! TPM22がロングビーチで開幕
西海岸労使交渉に言及! TPM22がロングビーチで開幕!

2022年2月27日から3月2日までの4日間、ロングビーチ・コンベンション・センターでJOC(ジャーナルオブコマース)主催のTPM2022が開催された。同イベントには船舶運営各社、ターミナル運営各社、鉄道各社、トラック業 […]

続きを読む
港湾ニュース
国際物流
アジア/米国間コンテナ貨物量-単月で200万TEU超え、過去最高を更新!

2月28日、日本海事センター企画研究部が発表した2022年1月の日本・アジア/米国間コンテナ貨物の荷動き動向によれば、200万9798TEU。単月で初めて200万を突破し、過去最高を更新した。前年比で9.9%の大幅な増加 […]

続きを読む
米国物流ニュース
米国内陸鉄道輸送、コンテナ滞留時間大幅に改善
米国内陸鉄道輸送、コンテナ滞留時間大幅に改善!

改善が見られるアメリカの内陸鉄道輸送 前年2021年9月以降、ロサンゼルス港・ロングビーチ港を経由して米国の内陸にコンテナを運ぶ鉄道輸送に大きな改善が見られる。滞留が最大13-14日であったロサンゼルス発のオンドックレイ […]

続きを読む
港湾ニュース
米国物流及び国際物流の玄関口であるロサンゼルス港,ロングビーチ港,
物流遅延問題がついに解消か?ロサンゼルス港のコンテナ滞留日数、取り扱い数量は?

ロサンゼルス港、ロングビーチ港のコンテナ滞留日数は? 米カリフォルニア州オークランドに本部を置く太平洋商船協会(PMSA)が発表したサンペドロ湾のロサンゼルス(LA)、ロングビーチ(LB)両港のコンテナターミナル(CT) […]

続きを読む
港湾ニュース
米国物流及び国際物流の玄関口であるロサンゼルス港,ロングビーチ港,
ロサンゼルス港・待機船大幅増加

10月20日現在、ロサンゼルス、ロングビーチの港の沖合には70隻を超えるコンテナ船がターミナルに着岸できずに待機の状態である。 ロサンゼルス港湾が提供するウエブサイト「シグナル」によれば、平均の待機時間は13日を超えてい […]

続きを読む
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉,米国物流
2022年、どうなる西海岸労使交渉!

西海岸労使協定は2022年6月30日まで継続される。しかし、実際の交渉はその1年前くらいからスタートされる。 前回の交渉は、2014年6月30日に一旦契約がきれ、翌年の2015年2月に締結するまで、8ヶ月以上を要した。協 […]

続きを読む