米国物流ニュース
米国内陸鉄道輸送、コンテナ滞留時間大幅に改善
米国内陸鉄道輸送、コンテナ滞留時間大幅に改善!

改善が見られるアメリカの内陸鉄道輸送 前年2021年9月以降、ロサンゼルス港・ロングビーチ港を経由して米国の内陸にコンテナを運ぶ鉄道輸送に大きな改善が見られる。滞留が最大13-14日であったロサンゼルス発のオンドックレイ […]

続きを読む
港湾ニュース
米国物流及び国際物流の玄関口であるロサンゼルス港,ロングビーチ港,
物流遅延問題がついに解消か?ロサンゼルス港のコンテナ滞留日数、取り扱い数量は?

ロサンゼルス港、ロングビーチ港のコンテナ滞留日数は? 米カリフォルニア州オークランドに本部を置く太平洋商船協会(PMSA)が発表したサンペドロ湾のロサンゼルス(LA)、ロングビーチ(LB)両港のコンテナターミナル(CT) […]

続きを読む
物流書籍紹介
赤岩寛隆著-西海岸労使交渉シリーズ第1弾決裂 西海岸労使交渉 ロックアウト
海運港湾小説。西海岸労使交渉シリーズ-電子書籍出版!

海運港湾小説。西海岸労使交渉シリーズ第1弾がついに出版されました!タイトルは、『決裂 西海岸労使交渉 ロックアウト』! 舞台は、2002年。その時、西海岸労使交渉の場で何が起きていたのか? アマゾンキンドルにて購入可能で […]

続きを読む
港湾ニュース
米国物流及び国際物流の玄関口であるロサンゼルス港,ロングビーチ港,
ロサンゼルス港・待機船大幅増加

10月20日現在、ロサンゼルス、ロングビーチの港の沖合には70隻を超えるコンテナ船がターミナルに着岸できずに待機の状態である。 ロサンゼルス港湾が提供するウエブサイト「シグナル」によれば、平均の待機時間は13日を超えてい […]

続きを読む
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉,米国物流
2022年、どうなる西海岸労使交渉!

西海岸労使協定は2022年6月30日まで継続される。しかし、実際の交渉はその1年前くらいからスタートされる。 前回の交渉は、2014年6月30日に一旦契約がきれ、翌年の2015年2月に締結するまで、8ヶ月以上を要した。協 […]

続きを読む
米国物流ニュース
国際物流の要、米国物流
アマゾン トーランスにハブセンター

全米各州に物流倉庫を構え、迅速な配送で不動の地位を固めるアマゾンが、トーランスに物流センターを建設した。トーランス空港の北側にあったコストコ・ホールセールストアの旧建物がアマゾンの物流センターに模様替えだ。  敷地面積は […]

続きを読む
米国物流ニュース
米国物流及び国際物流の玄関口であるロサンゼルス港,ロングビーチ港,
世界初のコンテナ船、記念すべき初就航

65年前の今日、1956年4月26日、世界初のコンテナ船がニュージャージー州ニューアークからテキサス州のヒューストンまで56本のコンテナを積んで就航した。創業したのは、もとトラック会社オーナー、のちにシーランド社を立ち上 […]

続きを読む