鉄道混乱の再来に懸念が拡がる。

昨年の夏に発生したものと同様の別の鉄道メルトダウンが差し迫っていることを恐れて、西海岸の港湾管理者とターミナルオペレーターは、ロサンゼルス-ロングビーチ、オークランド、シアトルでの鉄道車両と機関車の配備を直ちに促進するように大手鉄道会社に促している。

今週、5つのターミナルオペレーターと3つのポートマネージャーは、西海岸でのインターモーダル予約の急増に対し、その需要の急増に対処するのに十分な鉄道車両と機関車がない状態であると語った。

ロングビーチコンテナターミナル(LBCT)の社長であるアンソニーオットー氏は「火曜日のLBCTのターミナルには、通常の1000から1500ではなく、8000の鉄道コンテナが港に滞留していた。鉄道コンテナの未処理分がターミナルから輸入コンテナを船舶から排出する場所を失ったため、LBCTは働く準備ができている沿岸労働者を削減する結果となった」と語っている。

「それはどこでも起こっている」とSSAコンテナの社長であるエド・デニックは述べた。

 SSAマリンは、ロングビーチで3つのコンテナターミナル、オークランド国際コンテナターミナル、シアトルで2つのターミナルを運営している。

「私たちは、鉄道会社が列車のスペースを提供すると私たちに告げるまで、私たちは鉄道にコンテナを排出することはできません」と危機感を募らせている。

 BNSFは声明の中で、そのネットワークの主要な領域で鉄道車両の可用性が低下していると述べている。

 またUPは声明のなかで、シカゴでの鉄道の運行は流動的であると述べたが、西海岸からのインターモーダル鉄道の交通量の増加には注視している。

 両鉄道は、港、ターミナルオペレーター、海運会社、荷送人と協力して、今後数か月でさらに多くの内陸ポイントインターモーダル(IPI)の量が増えると思われるものを処理するための取り組みを調整していると述べた。

 ターミナルオペレーターは、鉄道と協力してボトルネックを解消する機会を待ち、それを乗り越えることができることを期待すると述べている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。